チャゲアスとASKA名義の全タイトル出荷停止

2014年05月19日 18時08分

 17日に覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたASKA容疑者(56=本名・宮崎重明)の所属レコード会社「ユニバーサル・ミュージック」は19日、公式サイトで、「CHAGE and ASKA」及びASKA容疑者のソロ名義のCDや映像商品全タイトルを出荷停止とし、契約上可能なものを回収すると発表した。

 同社はASKA容疑者の逮捕に触れて「関連商品を取り扱ってきた当社として極めて遺憾であり、ファンの皆様、そして関係各位に多大なる御心配をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 現在、同社と「CHAGE and ASKA」及びASKA容疑者との専属契約は終了しており、商品に対しては、商品ごとに製造権、販売権、非独占的な配信権のみを有する状態だという。

 しかし「今回の逮捕はその容疑内容、反社会的性質等、その影響の大きさに鑑みて、決して看過できるものではなく、厳正な措置を以って臨むべきとの判断に至りました」として、「CHAGE and ASKA」及びASKAのソロ名義のCDや映像商品全タイトルの出荷停止、契約上可能なものの回収、全楽曲・映像のデジタル配信の停止を決定した。

 また、今回の措置について「アーティストとしてのASKAの功績は疑い得ず、当社としても苦渋の判断ではありましたが、社会の中で活動する企業としてコンプライアンスを重視すべき立場から、熟慮した上での決定です」と説明し、理解を求めた。