華原朋美ショック「あの出来事はなんだったんだろうね」

2014年05月17日 08時00分

ショックをアピールした華原

 二股疑惑騒動の発端は、昨年11月5日発売の「女性自身」で、華原朋美(39)が明治天皇の玄孫で憲法学者の竹田恒泰氏(38)との“関係”を告白したことだった。華原にとっては芸能界復帰後の初ロマンス。竹田氏は明治天皇の玄孫という毛並みの良さも相まって話題に。

 竹田氏は交際を何度も申し込むなど猛アタック。華原もまんざらでもない様子だった。

 しかし、11月25日、自身のライブが行われた際「彼氏になってほしいと思ったら言いますが、今のところない。ごめんね」と、観客として見に来ていた竹田氏を聴衆の面前でフッたのだ。

 さらに事態が動いたのは今年2月。ソチ五輪で選手がメダルをかむことについて竹田氏が苦言を呈すると、華原は不快感をあらわにした。これが原因となったのかもしれない。バレンタインデーの前日の13日、華原は手作りチョコを竹田氏に渡すと同時にこれまでの関係を解消したという。

 ところが、4月18日発売の「フライデー」が竹田氏と元「AKB48」で女優の畑山亜梨紗(23)の交際を報じると、華原は自身のブログで「あの出来事はなんだったんだろうね」とショックを受けていることを告白。さらに所属事務所は「憔悴(しょうすい)しきっている」とし、父のいるフィリピンに行ったことを明かした。

 一方で、華原は一部のメディアには「交際の可能性は初めからない」と答えており、竹田氏が華原のイメージアップに利用されたのではないかと指摘する声もある。フライデー報道後、竹田氏はこの件について沈黙したままだ。