ポールのファンに“足蹴”にされた和田アキ子

2014年05月17日 09時00分

大混乱の中、床に放置された和田アキ子の写真

 ポールのファンにアッコが“足蹴”にされた!元ビートルズのポール・マッカートニー(71)が15日、日本公演のために来日した。昨年11月に来たばかりだというのに、多くのファンが詰め掛け羽田空港は一時、大混乱に。そのため、和田アキ子(64)の“顔”が多くの人に踏みつけられる騒動が起きて――。

 都内で17、18日(国立競技場)と21日(日本武道館)、24日には大阪のヤンマースタジアム長居で公演を行うポール。東京・羽田空港の到着ゲートには、日の丸がデザインされたTシャツに黒いジャケット、ジーンズのラフな服装で登場し、大きなロボットが後を追うように歩いていた。

 これは最新曲「アプリシエイト」のミュージックビデオに出てくる「ニューマン」というロボット。ただ、この場に登場したのは電動ではなく、3人の黒子が後ろから手足を動かしていた。

 当初は和やかな雰囲気だったが、ファンの1人がサインを求めると状況が一変。ポールは応じようとしたが関係者が止めに入った。これを合図に後方からもファンが押し寄せ、空港内が一時騒然となった。

 それまではファンの声援に笑顔で手を振っていたポールも、騒ぎのせいで、足早にその場を去った。現場はポールを追った報道陣やファンが入り乱れ大混乱。そうした中到着ゲートの床には、なぜか和田の大きな顔写真が落ちていたのだ。

 実はこの写真、取材に来ていたTBS「アッコにおまかせ!」のスタッフが用意したもの。チャンスがあればポールに見せようとしたとみられるが、思わぬ騒動が起こったため番組クルーもポールを追ってその場を離れてしまったようだ。その際、和田の顔写真が床に置き去りにされたのだ。

 ファンも報道陣もポールを追い掛けて足元など全く見ていない。結果、和田の顔が多くの人に踏みつけられるという何ともお気の毒な状態に。写真は結局、20分ほどその場に放置されていた。芸能界のご意見番も、相手がポールじゃ、文句言えないか…。