オアシズ大久保 人気「少し下がった」と冷静に分析

2014年05月16日 10時16分

エッセーを出版した大久保佳代子

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(43)が15日、都内でエッセー「美女のたしなみ」(徳間文庫)の出版記念イベントを行った。


「美女の――」は約4年前に出版された初エッセーに加筆・修正して文庫化したもの。昨年ブレークしたことで、4年前とは全然違う環境に身を置いている大久保は「絶頂期というか、少し下がってきた」と冷静な分析をしつつ、「生活レベル? ケチなのであまり変わりない。(貯金は)4年前と比べると、それは増えてるでしょ」とした。


 すでに四十路を越えるも結婚という様子がまるで見えない。


「結婚はしたいですよ、2年以内に。できるんですよ、選ばなければ。私の魅力の一つがお金と取ってもらっても全然構わない」と言い放った。


 ただ今現在、特定の彼氏が存在するかについては「断言したくないなあっていうのでどうですか? 好きな時に触れる男はいます。モテますよ。(飲みに行く人は)何人かいて、チャンスは狙ってるんですけど、それが結婚につながるかというと…」といまいち歯切れが悪かった。