破天荒が売りの地下アイドルがプロレス界進出で「天下統一します」

2014年05月18日 11時00分

プロレスとの融合を発表したココドルメンバー

 AKB48の大成功を皮切りにここ数年、アイドル戦国時代と呼ばれるほど、様々なアイドルグループが乱立している。

 とりわけメジャーデビューしていない、いわゆる“地下アイドル”の競争は極めて激しい。そんな中“破天荒”が売りのグループ「COCORO(ハート)ODORU」(ココドル)が注目されている。

 アイドル事情に詳しい芸能プロ関係者は「現在、地下アイドルと呼ばれているジャンルは飽和状態。日本全国でざっと1000以上のグループが活動しています。アイドルファンもマンネリ化しつつあるのが現状です」と語る。

 そこで、マンネリ打破を打ち出したのが、昨年11月に結成されたココドルだ。「グループの社長が現役芸人・しんのすけファイヤーという異色の経歴ということもあり、業界から注目されています」と前出関係者。

 14日に都内でイベントを行ったココドルは「新しいエンターテインメントを作る」とブチ上げた。そして満を持して開催するのがアイドルとプロレスの融合イベント「HATENKOH NO.1GP」(決勝は7月26日=東京・新木場1stリング)だ。

 イベントにはプロレスラー・HIROKI(32)も出席し、ココドルのメンバーをプロレス界にスカウト。怖いもの知らずのメンバーは破天荒にも承諾した。

 根本もね(18)が「やります。飽きないアイドルになりたい」と名乗りを上げると、椿山菜緒(18)は「人と違うことをやりたい。アイドル界の天下統一をします。テッペン取ります」と大きく出たが、その夢をかなえることはできるか?