永山絢斗“男体盛り”&ハメ撮りを体験「照れくさい」

2014年05月15日 16時00分

左からハマカワフミエ、永山絢斗、高橋一生

 WOWOW連続ドラマ「モザイクジャパン」の制作発表会見が14日、都内で行われ、俳優・瑛太(31)の弟で主演の永山絢斗(25)らが出席した。

 同ドラマは主にAVメーカーを描いたもので、「R15+指定相当」が付いているように、エロシーンも満載だ。そこに主演するとあって、永山は戸惑いつつ並々ならぬ意欲を持って撮影に臨んだという。

「何だこのドラマは! なんとなく自分の中で、こんなドラマがあっていいのか、ぜひ参加したいと思いました」

 取り扱うテーマのひとつがAV業界だけあって、今までに体験したことがないことばかりの撮影だったという。そのうちのひとつが女体盛りならぬ“男体盛り”、そしてハメ撮り。

「男体盛りはいい経験になりました。もうすることはないでしょうけど…。ハメ撮りをするシーンは、ドキドキしながら現場に入りました。(ドラマの中では)アイフォーンでハメ撮りしたんですけど、なかなか難しくて。したこともない。練習するわけにもいかない。そのシーンが照れくさいですね」

 他にもドラマに出演している高橋一生(33)、ハマカワフミエ(27)らが出席した。

 ドラマは18日午後11時から放送開始。