つちやかおり「事故すっトボケ」?幸せブログ更新

2014年05月14日 18時00分

つちやかおり(顔写真)が自転車との衝突事故を起こした事故現場

 バレなきゃそのまますっトボケ!? 前代未聞の“不倫告白&夫婦同日会見”で話題となったタレント・つちやかおり(49)が9日、都内で乗用車を運転中、自転車に乗った女子大生と衝突事故を起こし、重傷を負わせていたことが13日に分かった。つちやは謝罪文を発表したが「私の車の側面に接触された」と“自分本位”な釈明も…。しかも事故2日後には、何事もなかったかのようにブログも更新した。関係者からは隠し通そうとしていたのでは?との疑惑の声が上がっている。

 つちやといえば、元「シブがき隊」布川敏和(48)の妻で、一部週刊誌で中田カウス似の割烹料理店主の男性とのデート現場を激写され、1日、自ら不倫告白会見を開いたばかり。会見後にはフジテレビ系「ノンストップ!」に出演し、自身の開始の1時間後に始まった布川の会見を“生観戦”する前代未聞の不倫会見だった。これだけでも非常識感ありありだが、今回の事故でも理解しがたい言動が飛び出した。

 警視庁玉川署によると、9日午前10時15分ごろ、つちやの運転する車が世田谷区中町3丁目の信号のない交差点に進入したところ、右から来た自転車と衝突。自転車の女子大生は顔面骨折の重傷を負った。

 つちやが13日、マスコミ各社に送付したコメントには冒頭に謝罪の言葉があったものの、大半は「私の方は時速10キロも出していない状況で、下り坂を自転車の方が一時停止できずに私の車の側面に接触されたものです」や「幸い、目撃者の方も複数いて頂き、安心しています」など自身が被害者であることを強調したかのような説明ぶり。

 確かに、自転車側の道には一時停止の標識があり、女子大生がそれを無視したか気がつかなかった可能性は高い。しかもスピードの出やすい緩やかな下り坂から自転車が出てきたことからブレーキが間に合わなかったようだが、自動車と自転車では、自動車により重い責任が生じるのが通例だろう。

 むしろヒンシュクを買ったのが、事故から2日後の11日のブログ。事故には一切触れずに「母の日」の話題として「お母さん、いつまでも元気で」とメッセージ。次女が手作り料理を振る舞ってくれたことに「嬉しすぎた!!」「シアワセです!!」とつづった。13日に事故が公になると、ネット上でこのブログに「どういう神経してんだ!」という声が殺到した。

 事故を発表すれば女子大生も騒ぎに巻き込まれる可能性があり、つちやはそれを気遣った可能性もある。とはいえ、詳細を明かさなければ、その恐れも大きくはならないと考えられる。

 なぜこんな不謹慎ブログをアップさせたのか。つちやは、所属事務所社長の布川はおろか、マネジャーにも事故をすぐに報告していなかったと考えられる。

 つちやの担当者は本紙記者が「事故はいつ知ったか?」と聞くや5秒間ほど沈黙。「ニュースで知った?」には「それは違います」としたものの「当日?」には「その辺のことは言えません」と言葉を濁した。

 ブログ更新についても「いろいろバタバタでわかりません」。最後は「(謝罪の)書面に書かれていることがすべて」と答えるだけだった。

 芸能プロ幹部は「タレント活動再開で、意気込んでいるのかもしれないが、不倫会見にしても、事故対応にしても常識がなさすぎ。両方とも平謝りすべきなのに、事故はニュースにならなければ“知らないフリ”をしていたかも」と指摘する。

 不倫会見で復帰後の仕事に弾みをつけたと思っているのだろうが、逆にタレント生命の危機とも言えそうだ。