16年大河ドラマは三谷幸喜×真田幸村「真田丸」

2014年05月12日 16時06分

 NHKは12日、公式サイトで2016年の大河ドラマは戦国時代の武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」を制作すると発表した。脚本は三谷幸喜氏(52)が手がける。

 発表によると、人気劇作家・三谷氏が、戦国のスーパースター・真田幸村を、勇気と愛に満ちたオリジナル物語として描く。タイトルの「真田丸」とは、真田幸村が大坂の陣で築いたとりでの名で、ドラマでは、戦国の荒波に立ち向かう真田家を、一艘の船に例えているという。

 三谷が大河ドラマを手がけるのは、2004年のSMAP・香取慎吾(37)が主演した「新撰組!」以来2度目。現在、出演俳優に関しては選定中というが、再びジャニーズとタッグを組むか、注目される。

関連タグ: