AKB高橋が渡辺、柏木を排除? 総選挙当日「休め」

2014年05月08日 13時16分

左から柏木由紀、高橋みなみ、渡辺麻友、小嶋陽菜

 AKB48の渡辺麻友(20)、高橋みなみ(23)、小嶋陽菜(26)、柏木由紀(22)が8日、都内で「AKB48 37thシングル選抜総選挙 アピールコメント『J:COMテレビ』でどこよりも早く一挙放送」記者発表会に出席した。

 

 メンバーが1人1分の持ち時間で、総選挙に向けて自由に自分をアピールする毎年恒例の“政見放送”。今年は「J:COMテレビ」で、5月9、10日の2日間、計7時間にわたり放送される。

 

 小嶋は昨年の政見放送では上着を脱ぎ捨て、セクシーさで勝負したが、「去年は脱ぎましたけど、今年は脱がない」と残念な報告。ただ、「総選挙で生まれた私の特技を披露したんですよ。撮ってくれた方にも面白かったって言ってもらえました」と自信の表情だ。

 

 渡辺は「私は毎年すごい無難なんです。今年も無難です」。高橋は「1分を無駄に使ってみています」と勝負アピールではない様子。柏木は「1分間歌を歌ってみようと思ったんです!」と挑戦しようとしたものの、「マネジャーから『やめた方がいいんじゃないか』って言われて、結局、無難になりました。本当に無難で、真面目にコメントしてます」と申し訳なさそうに話す。

 

 その後、6月7日に野外の味の素スタジアム(東京・調布)で行われる開票イベントの晴天を祈願し、渡辺は巨大てるてる坊主にかわいい顔を書き、「晴天くん」と命名。

 

 ファンやメンバーから「雨女」と呼ばれる渡辺、柏木だけに、高橋は「2人には休んでもらえるかな。総選挙も(翌日6月8日に同所で予定される大島)優子の卒業セレモニーもどうにかして晴れさせたい」と“辞退”を要求すると、渡辺は「何でですか~。排除はツラいですよ」と出場を猛アピールした。