離婚騒動の元シブがき隊・布川 薬丸をうらやむ

2014年05月05日 13時16分

布川敏和

 妻・つちやかおり(49)の不倫が発覚し、離婚騒動の渦中にある元シブがき隊・布川敏和(48)が5日、自身のブログを更新し、同じ元シブがき隊の薬丸裕英(48)をうらやんだ。

 シブがき隊は1982年5月5日に「NAI・NAI 16」でデビュー。布川は冒頭でそのことに触れると「もう、32年前の事…。ファンの皆様、いつまで経っても変わらぬ応援、有難う御座います」と感謝した。

 続けて「薬丸クンは、始めたばかりのブログを見ると、只今ファミリーでHawaiiに行ってるようです。シーウラヤマ・羨ましい…」と、現在の自分とは対照的に幸せを満喫している薬丸をうらやんだ。

 ハワイは、シブがき隊として何度も訪れ、楽しい時を過ごした思い出の地だという。傷心の布川は薬丸のブログを見て当時を思い出したのか、ハワイ旅行について「一生忘れることのできない、三人だけの思い出が沢山あります」とつづった。

 さらに「そんな思い出話も、そろそろ三人集まって、酒でも飲みながらしたいな…。本木クンとは最近、連絡を取ってないけど、元気かな…? そろそろ、FAX送ってみっか…」と、もう1人のメンバーである本木雅弘(48)にアプローチする意思を示した。

 そして「そんな俺は今、チョイとっつうか、だいぶ騒がしちゃってて、ゴメンナサイ…。皆様に御心配をかけちゃって、ほんと申し訳なく思っております…」と、今回の騒動をあらためて謝罪。

 最後は「そんな今日この頃、この2曲を聴いてたら、なんだか涙があふれてきました…」と、シブがき隊が解散した88年に発表した2曲、「恋するような友情を」「君を忘れない」を挙げて締めくくった。