エヴァ・アスカのモノマネでおなじみ桜 稲垣早希「結婚相手に芸人は絶対にイヤ!」

2014年05月05日 11時00分

ブログ旅をやり終えた桜 稲垣早希。次が注目される

「ロケみつ ザ・ワールド」(現ロケみつ〜フライデー〜=MBS)の人気企画だった「目指せ! ポルトガル ヨーロッパ横断ブログ旅」の感動ラストシーンが収められたDVDの発売が6月25日に決まった。お笑いタレントの桜 稲垣早希(30)を育てたと言っても過言ではない企画だったが、そこで稲垣に5年半の旅の裏側、国際色豊かになった恋愛観などをあますところなく聞いた。

 ——ブログ旅のDVD最終巻が6月25日に発売

 稲垣:5年半やらせてもらった。20代の半分をささげた番組です(笑い)。私の中でも大きな旅でした。最終巻を見ていただいたら分かるんですけど、とにかく号泣でした。

 ——旅では危ない場面も

 稲垣:そうなんですよ! ベルギーで電車に乗ってて端っこに荷物をまとめてたら、1番上にあった私の私物のかばんを発車する直前に現地のギャングというか悪い人にパッと取られちゃったんです。すぐに戻ったんですけど、当然(犯人は)逃げてました。ロケも中断して半日ぐらい探し回ってました。

 ——怖いだけでなく、いいことも多かった

 稲垣:イタリアのバーリというところでサイコロの運が悪くて、所持金を全額没収されたんです。そのあと1500円ぐらいはゲットできたんですけど、安い宿がなくて困ってたら、ニコラというイタリア人男性が現れて助けてくれたんです。真剣になって探してくれて、ようやく宿が見つかって…。本当に感謝しています。

 ——旅が終わった今の生活は

 稲垣:今、ちょうど逆ホームシックなんです(笑い)。旅が恋しいというか、すごいことをやらせてもらってたんだというのを実感してます。いい思い出の方が強く残っているので、いい体験だったなと思いますね。

<次のページへ>