柏木由紀NMB舞台初登場「生着替え」で過激露出

2014年05月01日 15時10分

生着替えを披露した柏木由紀

 AKB48の柏木由紀(22)が30日、大阪市内にあるNMB48劇場で兼任するNMB48チームNの「ここにだって天使がいる」公演に初出演した。

 

 2月に行われた大組閣で同じくチームNからチームBⅡに移籍した渡辺美優紀(20)のポジションに入った柏木は、曲の途中で衣装を脱ぐ過激さがウリの「ジッパー」で生着替えを劇場初披露し、大歓声が起きた。大阪のファンのハートを早くもキャッチ。

 

 MCで柏木は先ほど行われた握手会でファンから「NMBのメンバーをよろしくと頼まれた」という話をして「私のファンだと思ってたらNMBのファンでした」と観客を笑わせ、トークでも大活躍だった。

 

 キャッチフレーズの「夢中にさせちゃうぞ!」の部分について「ほしがりなんで大阪バージョンがほしい」と話し、「次までに考えとかないと」と明かす。

 

「雨女、料理できない、行動が遅い、ゆきりんって呼んでほしい。あと、何を言われても怒らないから、いっぱい言ってください」と、厳しいツッコミなど“ナニワの洗礼”を希望。

 

 同じく兼任するHKT48の村重杏奈(15)は「私がNMBの中で一番おもしろく一番かわいい」といきなり宣言。他のメンバーから「かわいいのは認めるが、おもしろいは後で議論しよう」とツッコミを入れられた。

 

 柏木が「NMBともどもよろしくお願いします」と話し、キャプテンの山本彩(20)は「最高、最強と言われるチームNを築きたい」と新体制での活動に意気込んだ。