美形漫画家koppyがよゐこ濱口とのサバイバル合体を熱望

2014年04月27日 09時00分

美貌と筋肉美が光るkoppy

 スタイル抜群、美形漫画家として売り出し中のkoppy(コッピー=27)が、あの「とったどー!」男とのコラボを熱望している。

「ジャンプSQ」で芸能ネタ実録4コマ漫画「タレント奮走記」を連載中。笑福亭鶴瓶(62)や「よゐこ」所属のタレント事務所「松竹芸能」に在籍する“異色漫画家”だ。筋肉美のプロポーションで、かつてはバーベルスクワットで「150㎏を上げた」。原点となったのが父親。大学時代にボクサーとして、当時“浪速のロッキー”こと赤井英和(54)からダウンを奪ったこともあるという父親と親子ゲンカになり、右ストレートをお見舞いされたこともある。

「父は敵が自分のパンチの射程圏内に入ると、無意識の内に殴ってしまう。私が近づいたら、目に見えない速さのパンチが私の右頬に。一発でKOされてしまいました」

 強靱な肉体と精神力を生かすために熱望するのが、事務所の先輩「よゐこ」の濱口優(42)との「サバイバル挑戦」だ。濱口は高校の先輩でもある。「何日も寝なくても大丈夫。とにかく過酷なことが大好きです! そしてその体験を漫画にしたい。漫画のためなら何でもやります!」とアピール。「(恋人の)アッキーナから濱口を“とったどー(略奪)”する?」と突っ込むと「それは怖くてできません!」とのことだった。