竹田恒泰氏「元AKB女優と熱愛報道」の怪しい舞台裏

2014年04月20日 11時00分

 いったいどうなってんだ!? 歌手の華原朋美(39)に求愛していた明治天皇の玄孫(やしゃご=孫の孫)で、慶大講師の竹田恒泰氏(38)が、元AKB48で、女優の畑山亜梨紗(23)と本気交際中との報道が飛び出した。しかも畑山との交際は、華原と話題になっていた時期と完全に重なる。まさか“二股愛”? 舞台裏を探ると、竹田氏が利用されている可能性が浮上してきた。

 18日発売の写真週刊誌「フライデー」は竹田氏と畑山との交際を報じ、キレイなツーショット写真も掲載。同誌によれば、昨年末から交際がスタートし、すでにプロポーズ済みというから驚きだ。年末といえば確か、竹田氏は華原との交際報道に“ゾッコン”の笑顔を見せていたはず…。

 畑山はHKT48の指原莉乃(21)と同じ第5期メンバーで、2009年にAKB48研究生のままグループを卒業した。現在は女優としてドラマや舞台に出演している。

 竹田氏は18日、大阪市内の読売テレビで行われた番組収録に参加。午前11時半過ぎに取材陣の呼び掛けに応じることなく、無言で同局入り。収録後もノーコメントを貫いた。

 竹田氏サイドが交際を認めていない一方で、畑山の所属事務所はすでに交際を認めている。

 しかしながらふに落ちない交際だ。昨年末から交際が報じられたのは華原。3月12日のラジオ公開収録で、華原は竹田氏にバレンタインデーに手作りチョコを渡し「家族にも紹介したり、ちゃんと向き合って一生懸命頑張りました。でも、私に足りないところがたくさんあり、彼に迷惑をかけてしまいました。お互いが『一番は仕事だよね』ということでした」と“破局”を告白。

 テレビ番組では「彼から『2年後(結婚)を目指して頑張りましょう』と言われてました」と明かした。

 時期的にいえば、竹田氏は完全に二股愛。ただ、舞台裏を探ると、畑山との“本気愛”も実に怪しいのだ。

 事情に詳しい関係者は「事務所をはじめ畑山サイドは、テレビ局関係者らの問い合わせに対して『女優として活動しているんですが、これ(交際報道)をきっかけに、畑山をタレントとしてバラエティー方面でも売り出したいんですよ』とノリノリで相談しているんです。なにやら出演させたい番組名も候補として挙がっていて、筆頭は(日本テレビ系)『有吉反省会』みたい」と明かす。

 こんな様子なら、事務所が交際をあっさり肯定したのもうなずけるところ。こうなると、竹田氏は売名に利用されたと思われかねないが、華原との交際報道も同じ側面が色濃い。

「華原で思い浮かべることは“小室哲哉との破局”で、奇行や薬物依存も報じられたし、事務所サイドは早く小室のイメージを拭い去りたかった。ギャグのような交際報道で“吹っ切れた明るい朋ちゃん”をアピールできたでしょう。マスコミに何度も取り上げられ、3月には新アルバムもリリース。最初から華原に竹田さんと付き合う気があったのかどうか…」(前同)

 華原の完全復活を後押しし、無名のままAKB48を卒業した畑山の名前を世に知らしめた竹田氏。こんな姿に別の芸能関係者は「野球界の野村克也氏になぞらえて、竹田氏のことをすでに『芸能界の再生工場』と呼ぶ声もある」と苦笑いで明かす。

 何だか竹田氏がお気の毒にも思えてくるが、華原の場合は竹田氏も交際報道を楽しむ余裕があったという。しかし、今回の畑山との交際が報道通り“マジ”だったとしたら――。

 とはいえ、前出の事情に詳しい関係者は「畑山とバッチリ撮られてしまったことで、“ああ…利用されてたのか”と疑心暗鬼になっているって話です。かなり落ち込んでいて、だから報道陣を避けようとしているとか。結婚はないでしょうね」と語る。

 果たして竹田氏はどんな言葉を発するのか。