「会話はチャット」石田エレーヌアナ納得の離婚理由

2014年04月21日 11時00分

離婚が成立した石田エレーヌアナ

 日本テレビ・石田エレーヌアナ(31)の離婚が成立した。時間の問題とも言われていたが、夫婦の溝を深める一因としては、これまで報じられた収入格差に加え、夫のネット依存という指摘も浮上している。

 

 2012年の4月1日に結婚、13年2月には第1子となる長男も出産した石田アナ。「エレーヌは何でも周囲に打ち明ける性格で、結婚当初からとにかく夫との新婚生活をノロけていたんですが」とは日テレ関係者。ただ、夫との収入の違い、男に飽きっぽい性格や、仕事が最近うまくいってないことなど、離婚原因はさまざま語られていた。さらに、結婚当初から夫の“ネット癖”についてはテレビで愚痴っており、12年6月に初出演した「踊る!さんま御殿!!」でも、「イメージと違った私の結婚生活」として、夫とはたとえ同じ部屋にいてもほとんどチャットで会話することなどを告白した。

「2人は正直、長くもたないと思ってましたよ。知り合ったのは表向き、知人の紹介ということになっていますが、実際にはネットのチャットサイトで知り合ったと聞きました。そのうち日頃の会話はネットを通したものになり、『一緒に旅行をすることになっても夫は“ネットが通じる場所ならどこでもいい”と言うほど依存していて(旅行も)楽しめない』という話を本人から聞きましたよ」(日テレ関係者)

 夫婦の溝をさらに深める大きな要因になったのは、言うまでもないだろう。今週からは旧姓の「葉山」で再出発をする。かつて「踊る!――」では「絶対に離婚しないから、石田エレーヌにした」と宣言していたが、結婚を“早まった”のは明らかだろう。