「ゆるキャラグランプリ」中部国際空港セントレアで開催決定

2014年04月18日 18時23分

左からバリィさん、西会長、くまモン、大村知事、さのまる

 2014年度の「ゆるキャラグランプリ」開催地が18日、名古屋市内のホテルで発表され、愛知県「中部国際空港セントレア」の特設会場で、決選投票とグランプリの報告を行うことになった。期間は11月1〜3日の3日間。

「ゆるキャラグランプリ」は過去3年、埼玉県羽生市で行われてきた。だが、60を超す自治体や団体から「開催したい」という要望が相次ぎ、今年は公募制を取った。

 最終的には神奈川県相模原市との一騎打ちになったが、大会実行委員会会長の西秀一郎氏(50)は「一度、関東から出るべきではないか、と考えた。また名古屋は日本のへそで集まりやすい。自治体さんのほうからセントレアという空港の提案もよかった」と決定理由を説明した。

 これまではネット投票のみで決まっていたグランプリだが、今回は会場での決選投票も行う。比率は未定だが「現地の1票の重み」はかなり増す。ホームアドバンテージが見込めるため、あっと驚く「ゆるキャラ界の下克上」が起きる可能性がある。

 昨年、羽生市には2日間で45万人が訪れ、約18億円の経済効果があった。今年は“ゆる〜く”「50万人、20億円」を目指す。