今夏注目のジョニー・デップ主演映画「トランセンデンス」予告編が解禁!

2014年04月18日 06時00分

解禁されたポスタービジュアル

 米国人気俳優ジョニー・デップ(50)主演の今夏注目の映画「トランセンデス」(6月28日公開)の本予告動画とポスタービジュアルを公開する。同作品は「インセプション」や「ダークナイトシリーズ」で映画ファンを虜にしたクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮をとった近未来SF大作。

 今回解禁された予告編では、物語の発端になる「テクノロジーからの革命的独立」を標榜するテロ集団が、人工知能を研究する全米中の施設を襲撃し、デップ演じる天才科学者のウィルも狙撃を受ける場面から描かれている。 

 即死はまぬがれたものの、ウィルの余命は5週間あまり。その事実を知らされた妻のエヴリン(レベッカ・ホール)は愛する夫のため、彼が研究していたスーパーコンピューターにウィルの意識をアップロードする。そして実験は成功し、彼が生きていることを示す「誰かいるのか?」という問いかけの文字が画面に映し出される。

 しかし、世界を救うはずだったウィルの頭脳は、徐々に暴走を始め、妻の「やめて」という叫びにも「未来は目の前だぞ」と対話を拒絶。ウィルが人類に超進化を促す脅威へと変貌していく。

 デップは脚本に惚れ込み「天才的だが、妻を深く愛し、毎朝クロスワードパズルをするだけのシンプルな男が、自分の専門知識をエゴ、パワー、情熱の領域にまで連れて行き、最終的には自分を機械的な神のようなものに発展させてしまう。その着想に興味を惹き付けられた」と語る。おなじみの「白塗り」を封印したデップが、この「脅威の科学者」をどのように演じるのかにも注目が集まっている。

YouTube Preview Image