「愚痴侍」カンニング竹山が悲運のアイドル・神谷えりなをメッタ斬り

2014年04月13日 23時35分

愚痴侍配信を終えたカンニング竹山と神谷えりな

 ニコ生で数々の伝説を生んだカンニング竹山(43)のトーク番組「愚痴侍」がアメーバで復活! 12日、第1回が配信された。同番組は竹山が酒を飲みながら話題の人物をゲストに招き“酒の力を借りながら”熱いトークを交わすというもの。これまで、大物政治家、往年のスターなどが登場した。アシスタントはフリーアナウンサー・脊山麻理子(34)。この日のゲストは仮面女子・スチームガールズの神谷えりな(22)と元参議院議員の植松恵美子氏(46)だ。

 斜視を抱える神谷は「仮面女子」「スチームガールズ」として活動。“神乳”Gカップを武器にグラビアでも活躍する地下アイドルだ。これまで、東スポで報じてきたように、原因不明の目の病気を抱えながら毎日ライブを中心にアイドル活動を続けている。17歳で発症しいくつもの病院で検査を受けてきたが、いまだに原因不明で、有効な治療法も見つかっていない。「そのうち治る」と言う医者もいたという。「アイドルを続けたい自分と、斜視になる自分がイヤという気持ちの葛藤があります。頑張っていきたいけど、やればやるほど目に負担がかかり症状が悪化するんです」と愚痴る。

「ひどくなったのは、この1年」と聞いて、竹山らは即座に「今の仕事に原因があると思う。休みなさい!」と声を揃える。

 番組アシスタントの脊山は自らの体験を基に“遠回り”の効能を説いた。日テレ時代は「頑張りたいけど、なかなかできない自分がいた」。そのストレスで髄膜炎、帯状疱疹を発症。一度は入院治療をしたが、「休みたくない」の一念で点滴を打って収録に臨むことがあったという。その後、フリーに転身。仕事が激減したため、やることがなく、ウオーキングを日課にした。「それで痩せて健康的になって、グラビアもできるようになった」。当時、ムダだと思っていたことが「グラビアアナウンサー」として脚光を浴びるきっかけだったことを明かした上で「アナウンサーもそうだけど、アイドルという形は一つだけではないと思う。ライブ活動を減らし、他の女の子ができないことをしてもいい」とアドバイス。また、周囲に医療関係者が多く、予約が困難といわれる有名病院の院長も知り合いで「よければ紹介します」と、神谷にアシストを申し出た。

 竹山は「スチームガールズ、仮面女子が全てと、思い込みすぎているのでは? おじさんから言わせれば、キミたちなんか、売れてもないわけ。知らねえもん。AKBだって上から何番目しか知らないよ。最近よく仮面かぶってメディアに出ているけど、一人ひとりの名前なんて知らない。世間ってそんなもんだよ。だから、もっと楽に活動してもいいはずだよ」と言い放つ。

 神谷は「私はもう22歳だし、仮面女子あってのグラビアなんです」と反論するが、竹山は「いやいや、仮面女子なんてないんだよ! キミの人生を考えたら、女としての人生はまだまだあるぜ」と一蹴する。続けて脊山が「私はもう34歳だけどグラビアもできた。あなたが今ここに呼ばれているのは、仮面女子だからじゃないと思う。アイドルなのに悩みを持って頑張っているという“付加価値”ですよ。それで注目されているのだから芸能界的にはプラス。つらいと思っていることも仕事につながっていると考えれば、普通に斜視で悩んでいる人よりも、仕事をもらえる分、幸せじゃないですか」。

 竹山は「病気を利用するのはよくないけど、もっと楽にやっていけばいい。大丈夫だって。きつくなったら休めばいい。急ぐ必要はない。今はアイドルをやっているから悩むだろうけど、キミとか銀座行ってみな。すごくモテるぜ」。脊山も「こんなにかわいくて若くてGカップで皆さんに心配されている時点で幸せだと思う。レベル高いです」。

 それでも「この仮面にかけている」という神谷に一同「こんなものに健康かけちゃダメ」と声を揃えた。竹山は「3年後にこんな仮面なんてないよ! あのおニャン子クラブだって、AKBだってさぁ…そんなに大事なものならマジックで書くなよ」とキレトークだ。「今年が勝負です」(神谷)には「世の中はお前がいなくても、俺がいなくても全然平気だよ」とたたみかけた。

 休養すべしの声に圧倒された神谷。「他のメンバーに遅れてしまう」と不安を漏らすが、竹山は「遅れてもないし、キミらは始まってもいない」。続けて脊山は「こういう番組に出ている時点で一歩リードしている。他の番組で特集されたりしているし、完全なリードですよ」と説いた。竹山は「同じ悩みを持っている人が世の中にきっといるから、その人たちの勇気になるために治していくという使命があるかもしれない」と、神谷に語りかけた。

 神谷は番組の最後に「仮面女子ワンマンライブ5・3ZeppTokyo」をPR。「チケット余っているんだろ」と突っ込む竹山に、神谷は「竹山さん、ぜひ来てください」と懇願したが「ももクロだってAKBだって行かないのに行くわけねーだろ」と突き放した。復活した「愚痴侍」──キレ味は健在だった。(同番組はAmebaStudioで月1回配信される)

■「愚痴侍」ダイジェスト動画■神谷「実は優しい方だったんですね」

YouTube Preview Image