川崎麻世 別居妻カイヤから「振り込めメール来る」

2014年04月11日 17時42分

舞台「ファビュラス・レビュー・ボーイズ」の公開稽古に臨む麻世

 俳優の川崎麻世(51)が11日、東京・中央区の築地本願寺ブディストホールで、舞台「ファビュラス・レビュー・ボーイズ」(同所で13日まで)の初日会見を開いた。

 

 麻世は男子チアリーディング世界金メダリストの俳優・麻宮良太(26)ら10人のイケメンを引き連れ、ジャニーズ時代さながらの華やかなレビューショーで大暴れする。ボーイズラブ的な同性愛の要素も豊富で楽しめそうだ。

 

 別居中の妻カイヤ(本紙男セン面で「カイヤのSEX文明開化論」を好評連載中)については「お金を振り込めというメールは来るが、舞台は見に来るわけがない」と語り笑いを取った。

 

 カイヤといえば奔放な“男遊び”を公言し、本紙ではセックスカウンセラーとして“身の下”指南をするなど、充実したナイトライフを送っている。

 

 麻世は「毎日がレビューみたいに輝いていればいい」と、妻の遊びを容認する姿勢を見せた。

 

 関係者によれば「35キロ減量し、すっかり色っぽさを取り戻したカイヤに、麻世さんはほれ直している。しばしば自宅に顔を出したりして、ヨリを戻したがっている」とか。強がっているが、かなりの甘えん坊のようだ。