歌丸の猛反対で?「タモリ笑点司会」消滅

2014年04月12日 11時00分

「笑点」の新司会候補にタモリの名が挙がったことも…

 フジテレビ系「笑っていいとも!」が終わり暇になったタモリ(68)に、ほぼ断絶状態の日本テレビが触手を伸ばしている。

 日テレが狙うは、タモリが司会を務めた人気トーク番組「今夜は最高!」(1981~89年)の復活だが、本人は「知ってるスタッフがいないから」と渋ったらしい。加えて局側の受け入れ態勢も整ってなさそう。昨夏、国民的番組「笑点」の新司会候補にタモリの名が挙がった時のことだ。

 現司会者(5代目)の桂歌丸(77)が2年前、腰痛を患い3度目の手術をしたのを機に、後任探しは次第に本格化。「実はその時、極秘裏に番組関係者が『後任にタモリさんを』という計画を立てた」とは局のスタッフだ。

 昨夏と言えば、ちょうど「いいとも!」終了の噂が出始めたころ。聞けば笑点スタッフからは「バカ騒ぎする『いいとも!』は潮時でも、笑点なら高齢に負担なくできる仕事ではないか」などの意見が出たという。

 他に名前の挙がった候補は、「全日本仮装大賞」で日テレと関係の深い萩本欽一(72)、過去に笑点の代理司会経験のある伊東四朗(76)などだが、「中でもタモリさんは本命視されていた」とか。

 笑点の出演者は、落語界の各派閥から人選されるのが通例だが、司会者に関しては過去、2代目の前田武彦さん(享年82)と3代目の三波伸介さん(享年52)が落語家以外から選ばれた。

 問題は、この計画を耳にした歌丸が不快感を示したことだったといわれる。笑点は、プロデューサーより出演者が主導権を握るとすら言われる特殊な番組で、歌丸の強い抵抗があれば司会の交代の実現は難しい。

 結局タモリ司会抜擢計画は保留になったが、これに関連した“怪談”もある。「実は笑点の関係者にタモリさんと長年親しい人がいたんですが、同じころに外されたんですよ。理由はいまだ謎です」と前出の同スタッフは話している。