池乃めだから“日本一高い場所”で新喜劇公演

2014年04月08日 17時40分

右から酒井藍、未知やすえ、池乃めだか、内場勝則、あべのべあ

 吉本新喜劇特別公演「吉本新喜劇@ハルカス300」が8日、大阪・あべのハルカスの展望台「ハルカス300」で行われた。

 

 あべのハルカス開業1か月を記念し、1日限定で開催された地上300メートルでの“日本一高い”新喜劇。物語は「あべのハルカスのそばにあるうどん店」が舞台で、クマをモチーフにしたハルカスのゆるキャラ「あべのべあ」も登場し、おなじみのドタバタコメディーが繰り広げられた。

 

 終演後の囲み会見で池乃めだか(70)は「いろんな場所で新喜劇をしたが、今日が一番高い舞台。世間の人がこういう感じで見下ろすんやろうなと分かりました」と感慨深げ。

 

 劇中のオチであべのべあとカップルになった酒井藍(27)は「やっと彼氏ができたので、奈良まで連れて行って両親に紹介できる。親孝行できました」と笑わせた。