石田純一 いしだ壱成との「DNA鑑定」実施告白

2014年04月03日 19時40分

左から玉置浩二、ヨンア、石田純一
左から玉置浩二、ヨンア、石田純一

 俳優の石田純一(61)、ミュージシャンの玉置浩二(55)らが3日、東京・渋谷区のスペースオーで行われた「ラコステ ビューティフル アワード フィーチャリング レスリーキー」に登場した。

 フランスのアパレルブランドで、ワニのマークでおなじみの「ラコステ」が日本登場50周年を迎えた。石田らはラコステが似合う各界著名人として表彰された。

 囲み取材で石田は「ラコステはポロシャツのオリジンです。人生とともにラコステがあったといってもいい」と“ラコステ愛”をアピールしたが、その後は思わぬ展開になった。

 なんと、石田はつい先日、関西のテレビ番組で、息子であるはずの、いしだ壱成(39)と親子確認のための「DNA鑑定」を受けていることを明かしていた。

 石田は「100%あり得ないけど、どのみち親子です。テレビ番組のあれ(企画)です。自分の(検体)は出しました。鑑定には2週間ぐらいかかる」と話す。

 ただ、壱成とは連絡が取れていないようで「壱成は海外にいる。置き手紙じゃないけど、留守電を入れました」と、壱成側の検体は提出されていないもようだ。

 リポーターから「大沢樹生さんの影響ですか?」と“隠し子騒動”のことを突っ込まれると石田は「それは…」と苦笑い。

「すみれさんや理汰郎くんの鑑定は?」と聞かれると「もうどう見ても(僕の息子)って感じなので」と否定した。

 さらには石田の大腸にポリープが数個発見され、検査を受けたことも明らかになった。一連の流れを聞いていた玉置は「これぞ人生!って感じだね。曲が思い浮かんだ」と感心した様子。

 主役の座を独り占めした石田。これぞ「ザ・芸能人」だ。