大島卒業セレモニー延期も難題は「嵐」への配慮

2014年04月02日 11時00分

 AKB48の大島優子(25)の卒業セレモニーが予定されていた東京・国立競技場でのコンサート「春コンin国立競技場 ~思い出は全部ここに捨てていけ!~」が30日、悪天候のために延期となった。時期、場所は未定ながら後日、卒業セレモニーが行われることは決定。しかし、開催をめぐってジャニーズ・嵐に“遠慮”せざるを得ない事態が起こっている。

 

 

 悪天候のため、卒業セレモニーが延期となった大島は東京・国立競技場近くの広場にサプライズで登場。「天気なのでどこにもこの悔しさと悲しさをぶつけられないんですけど…。でも、次ちゃんと卒業セレモニーをする時はそこに一生懸命ぶつけて、最高のAKB48の大島優子を見せられるように頑張ります!」と決意表明。ファンからは大きな“優子コール”とともに「待ってるからね!」「ありがとう!」などの声が飛んだ。


 日程、場所は未定ながら卒業セレモニーは“仕切り直し”が決定。大島も「詳細に関しましては、改めてお知らせします。お手元にあるチケットは大切に持っていてください!」と呼びかけた。


 残念ながら延期となったが、AKB48サイドとしたら改修工事に入る7月前に国立で卒業セレモニーを行い、“リベンジ”したいところだ。


 ただ、ある芸能プロ関係者は「国立競技場をめぐって、いよいよ混沌としてきた」と続ける。
 いったいどういうことなのか? この関係者が続ける。

 

<次のページ>国立開催なら「嵐」との調整が必要