竹山の過激すぎるネット番組

2012年07月28日 18時00分

 前回、アダルト総合サイト「DMM.R18」内のインターネット放送「パコパコ動画」に注目。地上波では絶対に放送できない内容の過激バラエティー番組が目白押しの中、“エロ話芸の達人”笑福亭鶴光(64)がMCを務める番組「おまっ!」をピックアップした。本日は、それに勝るとも劣らない過激な60分番組「スケベ人間 TAKEYAMA」を紹介しよう。

 MCを務めるのは人気芸人のカンニング竹山(41)だ。「エロと真剣に向き合う」がテーマで、竹山いわく「皆さんが少年のとき『見ちゃいけない』と言われ、親に隠れて見たような番組」であり「規制を取っ払って、僕も“勝負”してる番組」だとか。

 ある回では、ソープランドの技を実演披露してもらい盛り上がった。ほかには“女性オナニスト”4人を招いて大討論会を開催したり、クンニとオナニーの快感を“実践比較”したり、オッパイのフェティシズムについて特集したり…。生放送ならではのハプニングも大きな見どころとなっている。

 竹山は「エッチの文化はすごく勉強になってる。毎回、なるほどなと思うことがあるので。見て面白いし、ためになる。それにエロいです!」とPRし、今後の番組にもヤル気満々の様子だ。

 なお、放送日時などは【http://www.dmm.co.jp/nama/】で確認できる。

鶴光のネット番組〝ええのんか〜〟