キンコメ高橋健一「痴漢冤罪」の真相語り東スポに感謝

2014年03月29日 10時14分

左から高橋、柴田、今野

 28日に都内で行われたフジテレビのモバイルマガジン「そこ、キク!」の創刊発表会見には、お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一(42)、今野浩喜(35)も出席した。

 高橋は突然、「今野さんは11年間同棲している、結構かわいい彼女がいる」と暴露。今野は「結婚は考えていない。昨日は、彼女に断った上で合コンに行った」などと、イイ男ぶって語った。

 ところで、高橋といえば2007年夏に地下鉄内で痴漢をしたとして逮捕された(のちに不起訴)。その後に復帰したものの、人気は急落。周囲は腫れ物に触るようにこの話題を避けていた。

 そこで本紙が突っ込むと、高橋は「痴漢はやってないが、なんともいえない時期があった」と“冤罪”で苦労した「リアル『それでもボクはやってない』」経験を告白。「あの時、東スポさんだけが、僕はまじめな性格で彼女もおらず、自慰ばかりしている“キングオブオナニー”と擁護してくれた。どうしてなんですか」と逆質問。

 本紙が「真実を追求するのが本紙の役目」と答えると、泣きそうな表情で「本当に四面楚歌の中、東スポさんだけが本当のことを書いて助けてくれた」と感激した。