モバマス声優がワンフェスの中心でパンツ愛叫ぶ

2014年02月10日 00時12分

左から原紗友里、大橋彩香、福原綾香

“モバマス”の愛称で知られる人気ソーシャルゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」の声優を務める大橋彩香(19)、福原綾香(24)、原紗友里(25)が9日、千葉・幕張メッセで行われたイベント「ワンダーフェスティバル 2014冬」でスペシャルステージを行った。


 ステージは3人が出演するネットラジオ「デレラジ」の出張版。クイズコーナー、ポエムでのフィギュア紹介に加え、「お願い!シンデレラ」「ススメオトメ」2曲のスペシャルライブも行われた。


 クイズでは声優・内田真礼(24)も映像で登場。内田演じる神崎蘭子のフィギュアの中でお気に入りの部分は?とのクイズが出されたが、大橋は「なんかもう好きなもの書いた」とパンツと解答(正解はスケッチブック)。


 大橋がモバマスで演じる島村卯月はアイドルを目指す真面目な頑張り屋キャラ。キャラを演じる声優として、何より女性として公衆の面前でパンツ好き発言はいただけない。当然この解答にダメ出しを受けるも、大橋の心は折れない。

 

「これから(フィギュアに)パンツを付属品につけてもいいと思うんですよ。お好みの柄に仕上げましょう、みたいな」と何がそこまで駆り立てるのか、変態度をワンランクアップさせた発言を炸裂。雪の残る幕張で、熱いパンツへのこだわりを見せていた。