〝ニセ山P〟に大惨敗…山下智久赤っ恥

2012年07月20日 12時00分

 元「NEWS」メンバー山下智久(27)の新曲「LOVE CHASE」(4日リリース)が、今週発表のオリコン「週間シングルランキング」(16日付)で、同日発売となった〝韓国の山P〟ことキム・ヒョンジュン(26)の新曲「HEAT」に大惨敗。山下は1位死守のため緊急ファンイベントを開催するなどしたが、その効果もなく赤っ恥をかいてしまった。

 ジャニーズタレントの〝定位置〟となっているオリコン週間ランキング1位の座を山下から奪ったのは、かねて「山Pに似てる」と言われてきた〝ニセ山P〟ヒョンジュン。山下の11万8981枚に対しヒョンジュンは18万3478枚と、6万5000枚近くもの大差をつけられてしまった。山下はソロデビュー以来5作連続1位を獲得してきたが、この記録もあえなく途絶えた。

「ジャニーズは、オリコン週間1位ということにすごくこだわりをもっている。山下の新曲はジャニーズ、レコード会社ともにかなり力を入れ、1位が至上命令だっただけに、ショックは相当だ」(芸能プロ幹部)

 音楽関係者が振り返る。「山下はファンに『王子(山下)、プライドゼロだな』と言われるほど必死に、ラジオなどでCD購入を呼び掛けてましたよ。巻き返しを図るため都内で7、8日、3枚1口で応募できる禁断のファンイベントをやったんですが、落選した人はほとんどおらず、熱気もあまりなかったとか」

 山下の敗因を聞けば「今月は新曲だけでなく、山下主演ドラマのDVDボックスやアルバムも発売されるとあって、ファンの財布も厳しいという事情が…」とのことだが、結果的に山下の人気凋落ということだけが目立つ結果となった。