山岸舞彩“貧乳化”辞さない決死策でリストラ回避

2014年02月03日 11時00分

この美脚でフルマラソンに挑戦する山岸

 リストラ危機を捨て身の(秘)作戦で乗り切った!!「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のフリーキャスター山岸舞彩(26)が、その“美脚”で日テレ上層部の決断を翻意させていたことがわかった。3月いっぱいで降板が既定路線となっていたが、大胆すぎる作戦でレギュラーの座を守ったのだ。その作戦とは、ミニスカどころか、美脚モロ出しで「東京マラソン2014」(2月23日開催)に出場することを決意し、プロデューサーに直訴したことだった。

 

山岸舞彩が日テレでミニスカ封印?

 

 山岸が4月以降の続投を決定させた。局内でも「奇跡の大逆転劇」と言われているこの“偉業”の舞台裏は壮絶だった。

「自らマラソン出場の企画書を手に、番組プロデューサーに直訴したそうなんです。東京マラソンは、フジと日テレが交互に中継を担当する。今年は日テレの番で、目玉がないと中継班は頭を抱えていた。そんなタイミングで山岸が走るって…そうなれば話題性は十分。高視聴率を狙える」(事情通)

 NHK「サンデースポーツ」などに出演していた時代、ミニスカからスラリと伸びた美脚でオジサンたちの目をくぎ付けにしたにもかかわらず「NEWS ZERO」では封印。視聴率も低空飛行が続いている。

「視聴率は6~8%台をウロウロ。これだったら先ごろ産休明けから復帰した鈴江奈々アナの方が視聴率が高かった。結果、山岸が出演する月曜から木曜は、放送時間を6分遅らせて午後11時開始にした」(制作関係者)

 好調なバラエティー番組の時間枠を拡大させたのだ。それでも山岸のギャラは、1本当たり80万円。1か月のギャラは約1280万円に上る。「ある番組スタッフは山岸をギャラ泥棒とののしっていたそうだ」(前同)

 これでは、リストラもやむなし!だった。だが、そんな“借り”を一気に返すどころか、お釣りがきそうなのが「美脚モロ出し東京マラソン出場作戦」なのだ。

 

<次ページ>さらなる“貧乳化”も辞さず…