チームK大島涼花と大島優子の共通点は「自由」?

2014年01月26日 19時50分

「プラスティックの唇」を熱唱する大島優子

「AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014」4日目(26日、東京・東京ドームシティホール)の合間のMCで、グループからの卒業を発表した大島優子(25)と、同じ苗字の大島涼花(14)が“後継者宣言”だ。

 

AKB48小嶋陽菜セクシーすぎる下着姿を披露



「私は大島優子さんが憧れなんです。背はあんまり大きくないけど、(歌う姿は)大きく見えてカッコ良かったです」

 ただ、そんな優等生ぶりと実態は違うようで、AKB48倉持明日香(24)が「(AKB48で所属する)チームAのクソガキという話を聞いてます」と切り出し、仰天エピソードが明かされた。グループ総監督の高橋みなみ(22)のスカートの中をのぞいたり、メンバーの服をゴミ箱に捨てたり…。

 想像以上の“クソガキエピソード”に観客席の引き気味な雰囲気を感じた倉持は慌てて「(大島)優子さんも涼花みたいにほんと自由なんですよ!」とフォロー。集合写真の撮影で、カメラマンに「最後に自由に(ポーズを)して!」と言われ、大島優がいきなり走り出したエピソードを初公開した。

 大島涼は「私も本能のままでいる感じです。大島さんに近づけました!」と喜んだが、その後、足の匂いを消すためにウエットティッシュで拭いていることを暴露され、苦笑いだった。