ミスインターナショナル代表は上智大生

2014年01月26日 16時00分

ミス・インターナショナル日本代表に選ばれた本郷李來

「2014ミス・インターナショナル日本代表選出大会」が25日、都内で行われ、上智大学に通う本郷李來さん(21=ほんごう・りら)が出場者24人の頂点に輝いた。


 名前を読み上げられた瞬間、本郷さんは天を仰いで涙ぐんだ。着物審査、水着審査、ドレス審査、そして最終審査にいたるまで緊張の連続。今回が2度目の挑戦となった本郷さんは「すごくうれしいです。昨年も出場して目標を達成することができました。私1人の力ではここまで来ることはできなかった」と顔をくしゃくしゃにした。


 身長174センチ、B82・W63・H90と抜群のプロポーションもさることながら、印象的なのは目鼻立ちのはっきりしたオリエンタルな顔立ち。世界のミスたちにもまったく見劣りしないだろう。


 大学では外国語学部フランス語学科に在籍している。外国語学部を選んだのも、幼いころから「世界」に関心があったからだという。さまざまなメディアで世界の現状を知るうちに平和への貢献を考えるようになった。そんな時、平和と美の親善大使、ミス・インターナショナルへの夢が膨らんだ。


「世界平和には女性が必要なんだと思います。女性が集まったシンポジウムなどを開きたいですね」


 中学、高校時代は合唱部に所属し、ピアノもたしなむ音楽好き。趣味は料理で「一番得意なのはナポリタンです」と笑顔で明かす。


「下町出身の江戸っ子なので、日本の華やかさや素晴らしい文化を広げていきたい」と抱負を語ると、「世界でもグランプリを取れるようにもっと自分を磨きたい」と目を輝かせた本郷さん。今後は日本代表として社会貢献活動を行い、日本および各国との友好親善に努めるつもりだ。