「明日ママ」起死回生策の“反論VTR”制作へ

2014年01月26日 11時00分

芦田愛菜(顔写真)の演技は素晴らしいが…日テレの打開策の効果は?

 関係団体などからの抗議が収まらない日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」の番組スポンサー2社が新たにCM放送を見合わせ、計5社が“撤退”したことが24日、判明した。期待した視聴率も下降し、いよいよ崖っ縁に追い込まれている。それでも芸能界からは「最後までやるべき」といった声も少なからず聞かれる。こんな“声援”を背に、日テレが起死回生の一手を模索しだしたという。それは、抗議に対する“反論VTR”の制作だ。

 騒動発生当初、日テレは「倫理問題を含め、総合的な観点で放送前に社内で議論した。最後まで放送を見てほしい」とコメントするなど、「局内にそこまで深刻に捉えているムードはなかった」と日テレ関係者。

 実際、同ドラマへの抗議を“過剰反応”とみる向きもある。24日午前1時から放送されたラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)の冒頭、MCの岡村隆史(43)は「最後まで見て判断したらいいんとちゃう?」と指摘。続けざまに「これで放送中止の前例を作ったら『気に食わなかったら抗議したったらエエねん』って輩(やから)おるからな。何もでけへんようになる。テレビの未来はもうない」と、放送中止を望む視聴者を“モンスター視聴者”とばかりに批判した。

 岡村だけではない。某芸能プロの幹部は「スタッフも役者も、みんな一生懸命に撮影に臨んでいる。中でも、大人顔負けの演技を連発する愛菜ちゃんは『芦田プロ』とも呼ばれている。彼女たちのためにもこのドラマは続けるべき」と話す。芦田愛菜(9)を筆頭に出演する子役たちに罪はないのも事実だ。

 しかし、24日には新たに日清食品と富士重工業の2社がCMを見合わせることを決定。これで、スポンサー8社のうち計5社がCM放送を見合わせるという深刻な事態に。日テレ側も「放送を最後まで見て!」というスタンスではもういられなくなった。ただ、このまま全面降伏するのはまだ早いと考えているようで、抗議に対抗するため、局上層部は現場に対し、水面下である秘密指令を出したという。

「ウチは今回のドラマと関係なく、過去に報道番組や情報番組で幾度となく児童養護施設を取材し、ドキュメンタリー番組などを放送してきました。上層部は報道番組などの現場に対し、『過去3~4年前までさかのぼって、児童養護施設を好意的に取材したVTRを上にあげろ』という指示を出したのです」(冒頭の日テレ関係者)

 日テレ上層部は、過去に取材した児童養護施設のVTRを、一体何のために使うつもりなのか? 別の日テレ関係者はこう指摘する。

「上から使用目的を教えられたわけではないのですが、現場レベルでは『恐らく取材不足という批判をかわすために使うのではないか』と言われています。取材をまとめたVTRでも作り、抗議している関係団体やスポンサー筋などに見せ、『日テレは昔からこれだけちゃんと取材している』と“反論”したいのでしょう」

 今回の騒動で日テレが一貫して批判されているのは、親が育てられない子供を匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置している慈恵病院や、児童養護施設への取材不足ということだ。

 ドラマ関係者が「もともとこの枠では、松嶋菜々子主演のドラマを放送する予定だったが“ドタキャン”され、『明日、ママ』を急きょ放送することになった。脚本家の元にオファーが届いたのも去年の10月も終わりの方というから、準備不足・取材不足と言われても仕方ない状況」と証言するように、この点に関して強く出られないのも事実だ。

 そこで少しでも批判や反発を和らげるために“反論VTR”制作という話がささやかれているのだが…。
 まだまだ騒動は拡大しそうだ。

関連タグ: