HKT48・山本茉央 ドラフト生デビュー一番乗り

2014年01月19日 16時51分

山本茉央

 昨年11月のAKB48グループドラフトでHKT48から指名された山本茉央(17)が19日、鹿児島市内で行われたHKT48九州ツアー鹿児島公演で舞台デビューした。

 HKT48はこの日、「スキ!スキ!スキップ!」や「メロンジュース」などアンコールを含め全30曲を披露。地元出身の宮脇咲良(15)は「皆さん、ただいま! すごい緊張するけどここに立ててうれしいです」と元気にあいさつ。指原莉乃(21)は宮脇と同じく鹿児島出身のAKB48・柏木由紀(22)を引き合いに出し「ほとんどの人は柏木ちゃんのファンだから、そこから奪っていこう!」と続いて2000人の観衆を沸かせた。

 中盤、14曲目の「渚のCHERRY」の時に、山本が登場。「初めまして。先輩方みたいになれるように一生懸命頑張っていきたいです」と初々しくあいさつした。

 全国のAKBドラフト生の中で最初に舞台に立った山本だが、前日(18日)に一緒にすし店に行った田島芽瑠(14)が「緊張しすぎて3皿でおなかいっぱいになってた」と明かしたように、登場時はガチガチで表情も硬め。

 それでも指原からアントニオ猪木のモノマネを振られると勢いよく「ワン、ツー、スリー、ダーッ!」。指原が即座に「いち、に、さん、でしょ」と突っ込んだことで会場も盛り上がり、山本も自然な笑顔を見せた。

 これでHKT48は正式に48人のグループとして活動することになった。