吉永小百合のオーラに吉岡秀隆、松ケン圧倒される

2014年01月10日 20時11分

左から松山ケンイチ、吉永小百合、吉岡秀隆

 女優の吉永小百合(68)、俳優の松山ケンイチ(28)、吉岡秀隆(43)らが10日、東京・中央区の丸の内TOEIで行われた映画「BUDDHA2」(2月8日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。
 
 漫画界の巨匠・手塚治虫原作のアニメ映画続編が完成した。シッダールタ(後のブッダ)の声を担当したのは吉岡、その母・マーヤー天の声を吉永が担当した。
 
 アフレコ現場では吉岡が吉永のオーラに圧倒されたという。

 

「吉永さんはスクリーンの中で生きていらっしゃる人だと思っていたので、実際に(現実世界に)いらっしゃるのだと思った」と話す吉岡に吉永が苦笑い。声の収録では「ブッダの声の収録で(実際にうまく演じられるか不安があったが)吉永さんのオーラに力をもらった」と、アニメのストーリーさながらに、力をもらったそうだ。
 
 一方、吉永は「今回は吉岡さんと親子役。ブッダ3ができるなら、今度は松山さんと親子役をやりたい」と早くも続編のキャストに言及。松山も「ぜひやりたいです」と恐縮の表情を見せる。
 
 最後に成人の日が近いこともあって、新成人へのコメントを求められると「ブッダ2を見てください。生きるための力になる」とちゃっかりアピールしていた。