NHKが怯える次期「朝ドラ主演」吉高由里子の不安な部分

2014年01月12日 16時00分

次の朝ドラヒロインの吉高由里子

 女優の吉高由里子(25)の素行に不安材料が出てきている。吉高はNHKの次期連続ドラマ「花子とアン」(3月31日スタート)のヒロインに大抜てきされ、現在連日の撮影に追われている。「本人は相当気合が入っています。英語のシーンが続いても不満を漏らすどころか、何度も何度も練習して本番に臨んでいますよ。ここで評価されれば女優としても一皮むける。今まさに、岐路に立たされていると思っているんです」とは芸能プロ関係者。

 無理もない。「あまちゃん」が社会現象になり「ごちそうさん」は「あまちゃん」を超える視聴率を稼いだ。評価されれば女優としての株は上がるが、大コケすれば一気にピンチに陥るに違いない。だが、ここにきて不穏な空気も漂い始めているという。

 吉高の知人の話。

「一時破局報道もあった(ロックバンド『RADWIMPS』の)野田洋次郎とまだ付き合っているんですけど、朝ドラの収録が始まってからはなかなか会えていないようです。吉高のストレスもたまっているんですよ」

 朝ドラは週に5~6日はリハーサルと収録に費やされるため、ある程度のプライベートは犠牲にせざるをえない。それだけでも男性関係に奔放な吉高にとっては、かなりの締め付けに感じるらしい。同知人は「演技に行き詰まった時がヤバイ。大爆発する可能性は十分あります」と心配しているのだ。

 そんな吉高と呼応するように複数の週刊誌が動き始めている。もしうっぷん晴らしに野田とハレンチな写真でも撮られようものなら、危機的状況になるだろう。

「NHKはスキャンダルを嫌いますからね。もし、野田との素行不良の写真を撮られれば、ピンチどころか女優生命の危機に立たされかねませんよ」(前出の芸能プロ関係者)

 吉高はまだまだ続く撮影期間、品行方正に過ごすことができるか。