安倍首相がたかじんさん追悼「本当に悲しい」

2014年01月08日 18時46分

 安倍晋三首相(59)が8日、自身のフェイスブックで、3日に死去したやしきたかじんさん(享年64)をしのんだ。安倍首相は「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)に出演したことがあり、昨年も2度、現職の総理大臣として登場するなど、たかじんさんと親交が深かった。

「人には出会いと別れが有ります。初めて やしきたかじんさんとお目にかかったのは私が幹事長の時でした」と振り返った安倍首相は、「その際『いつか一緒に温泉に入ろう』と約束し、それが実現したのは総理の職を辞した後でした」と思い出話を披露。「政治的に尾羽打ち枯らした状況の私を誘って頂いたのはたかじんさんの気遣いだったと思います」

「たかじんの――」で最高顧問を務めていた故三宅久之さん(政治評論家)が2012年に亡くなった際、番組内で追悼特集が組まれ、安倍首相も出演。「三宅久之さんに続き、たかじんさんの訃報に接し本当に悲しい思いです」と故人をしのんだ。

関連タグ: