AKB48佐藤亜美菜が卒業発表 今後は声優に

2013年12月22日 21時58分

 AKB48の佐藤亜美菜(23)が22日、東京・秋葉原のAKB48劇場での公演でグループからの卒業を発表した。

 2007年に公演デビューした4期生で、AKB選抜総選挙は第1回8位、第2回18位、第3回18位、第4回21位、第5回33位。テレビアニメ「AKB0048」の声優選抜メンバーに選ばれ、ユニット「NO NAME」としても活躍した。

 今後は夢だった声優を目指す。卒業の時期については未定だという。

 以下、公演での卒業発表コメント全文

「 17歳の時にAKB48に入って楽しいことたくさんありました。劇場公演も大好きだし、大好きな仲間も一杯できたし、ためになることもたくさんあったし、私ここに入っていなかったらどうなってたんだろうと思うくらい、AKB48がやっぱり大好きで、みなさんとこうしてかかわって自分の中にひとつ大きな夢ができました。

 それはAKB48にいながら頑張ることもできるかもしれないけれども、私はちゃんと区切りをつけて真剣に臨むためにも、声優という道を目指すために、AKB48を卒業します。ここはすごく居心地がよくて、ファンの皆様は本当に優しいし、メークや衣装さんは佐藤亜美菜をかわいくしてくれて、私にいろんな魔法をかけてくれたAKB48劇場ですが、そこから抜け出さないといつまでたっても甘えてばかりで先に進めないと思いました。

 ファンの皆様を驚かせてしまったり悲しませてしまったりするかもしれませんが、とても前向きな卒業だと私は考えていますし、この卒業を機にどんどん上に向かって、知らない間にいろんなところに出ているなと思ってもらえるくらいにトップを目指して、やるからにはやりたいと思っています。

 突然の発表になってしまって、びっくりさせてしまったかもしれませんが、一生懸命夢に向かって、次のステップに向かって頑張りますのでこれからもAKB48をよろしくお願い致します。今日は私の発表を聞いてくださって、みなさん本当にありがとうございました。」