気になるタフマンマークの正体

2012年07月06日 10時00分

 ミス東スポ2013ファイナリストの上林英代(28)が、ヤクルト本社業務部の吉川主任に、タフマンについて直撃インタビューを試みた。中高年向けの栄養ドリンクとして30年以上も愛され続ける理由はいったい何なのか? タフマンマークの謎とは? 同主任の口から明らかにされた〝秘密〟に、上林はえらく感動した。

 

上林英代(以下上林):まずはタフマンという商品について改めてご説明をお願いします。

 

吉川主任(以下吉川):1980年に発売された男性サラリーマン向けの栄養ドリンクです。リニューアルはしていますが、基本的な商品設計は変わっていません。

 

上林:そのタフマンが30年以上というロングセラーを続けている秘密は何ですか?

 

吉川:独自の価値を認めてもらっているということだと思います。普段、栄養ドリンクというと働く20~30代の男性をイメージされるかもしれませんが、タフマンは40代後半以上の方に多く飲んでいただいています。消費者の方には「中高年向け」「効果がありそう」というイメージが他社製品に比べて高く、これをブランドの強みにしています。

 

上林:「効果がありそう」という点について、特筆すべき原材料はありますか?

 

吉川:やっぱり高麗人参ですね。ターゲット層の期待値としても最も魅力的だという方が多いことが調査で分かりました。飲んだときに感じる「薬効感」がいいみたいですね。昨年5月の商品リニューアル時には配合量を4倍の100ミリグラムに増量しました。さらにタフマンスーパーは通常のタフマンの10倍の1000ミリグラム入っていて、これが今一番伸びている商品です。高麗人参が苦手という方にはノンカフェインでスッキリした飲み口のタフマンVという商品もございます。

 

上林:このタフマンマークは何をイメージしたものですか?

 

吉川:このマークは、ときには水となり、地球の内部から湧き上がる強烈なエネルギーを視覚化したものです。初代タフマンとともに生まれたのですが、意外と知られていないんですよね。このマークも、昨年のリニューアル時に再び採用しました。

 

上林:現在実施中のキャンペーンについての説明をお願いします。

 

吉川:現在シールを集めると豪華賞品が当たる「みんなが元気!あんたがたタフマン♪キャンペーン」を実施しています。タフマンをご自分で飲むだんなさんにも、タフマンをプレゼントする奥さまにも喜んでいただける賞品を用意しました。

 

上林:今日はたくさんの話が聞けてとてもうれしかったです。最後にタフマンのメーンターゲットである東スポ読者に向けてメッセージをお願いします。

 

吉川:発売からずっと中高年の方に高い支持をいただいています。これからも皆さんの頑張る毎日を「タフマン」が支えていきます。

 

 ◇豪華賞品が当たる「みんなが元気!あんたがたタフマン♪キャンペーン」

 

タフマンCMは伊東四朗劇場?