今度は日テレ名物プロデューサーが経費不正流用で左遷&丸刈り

2013年12月17日 11時00分

 番組制作費約1億4000万円を私的流用したとして、テレビ朝日の男性プロデューサー(45)が懲戒解雇されたが、日本テレビでも名物プロデューサー(45)が制作費不正流用で“左遷”された。

「朝の情報番組『スッキリ!』のチーフプロデューサーX氏が今月1日付でCM部に異動になったんです。制作会社に本来かかる制作費より高い額を請求させて、余った分を打ち上げ費などに流用していたとか。X氏は局の調査に『懐には入れてない!』と私的流用は断固否定したようですが…」(日テレ関係者)

“キックバック”は業界中にはびこっており、テレ朝の問題を受けて局が調査した結果、X氏の不正が表面化したという。

 さらに、他の多くのプロデューサーも局から制作費について“注意”を受けたといい、金遣いの荒かったX氏は局内外で処罰の見せしめ的対象になっているという。

「引き継ぎやあいさつなどで現れたX氏がキレイな坊主頭になっていたんです。担当番組が『スッキリ!』だっただけに、事情を知らない人はみんな『Xさん、髪形“スッキリ”しましたね?』と言っていて…。苦笑いを浮かべながら異動を語る姿を見て、他の局員は『完全な見せしめだよ』と震え上がってます」(前同)

 X氏、かつて人気番組「進め!電波少年」のディレクターを務め、1998年には同局の角田久美子元アナ(43)と結婚(のち離婚)して注目を集めた。

 前出の関係者は「派手好きでイケイケだったXさんが、局内を坊主頭でおとなしく歩いている姿はインパクト十分です。日テレでは今後、確実に不正流用は減るでしょうね」と神妙な顔で語っている。