「美脚すぎるバイオリニスト」鈴木慶子がバースデーライブをPR

2013年11月30日 16時00分

「美脚すぎるバイオリニスト」と評判の鈴木慶子(31)が先日、12月6日に行うバースデーライブ(港区六本木のジャズライブバー「ソフトウインド」)のPRで東京スポーツ新聞社を訪問。これまでにも「美人バイオリニスト」と呼ばれる女性はいたが、セクシーなドレスの下からスラッとした美脚を惜しげもなく露出する音楽家はそういないだろう。

 もともとクラシックを中心に演奏していたが、3年前にタンゴと出会ったことである気持ちが芽生えたんだとか。「タンゴってとにかく情熱的な大人の音楽なんです。だったら音を聴いてもらうだけじゃなく、視覚的にも楽しんでもらいたいなと思って。これからさらに女に磨きをかけていきたいです」

 身長170センチでモデル顔負けのスタイル。奏でる音色もとにかく艶っぽくてたまらない。