塩谷瞬「何百万円」アンチエイジング効果は…久しぶりの公の場で〝異変〟

2020年08月20日 11時30分

舞台は無事に開催の運びになったが…(顔写真は過去のもの)

 何だか顔がふっくらしたような?

 俳優の塩谷瞬(38)らが19日に、東京・築地本願寺ブディストホールで舞台「シーボルト父子伝~蒼い目のサムライ~」(23日まで)の初日を迎えた。

 日本に最新医学を広めたドイツの医師シーボルトと2人の息子の物語。当初は4月29日~5月3日の公演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で今回の日取りに延期された。

 シーボルトの長男役の塩谷は、コロナ禍の演劇界について「致命的なダメージになる時代になってしまったと思う」と憂慮。今回の舞台を「多くの人に見ていただきたい」と訴えた。かつては二股騒動(2012年)で世間を騒がせ、近年は舞台を中心に懸命に活動。海外での社会貢献事業にもいそしんでいる。大いにマジメになったかと思いきや…塩谷といえば6月に自身の深夜パーティーを強行開催したことが一部で報じられ、非難されたばかりだ。

「前日からカウントダウンパーティーをしていたそうです。消毒スプレーとうがい薬を用意していると伝えられていましたが、不特定多数の人が参加していたようですね」(芸能関係者)

 この日は、久しぶりの公の場だったが、“異変”があった。塩谷の顔の輪郭が二重に見えたのだ。

「美肌は本人の自慢でもありますが、コロナ禍で仕事がいくつか飛んだそうで、在宅時間が増えて“コロナ太り”して顔に肉がついたのかもしれません」(知人)

 本人は今月5日のブログで、都内のクリニックでアンチエイジングのフェーシャル治療を受けたことをユーチューブ動画付きで報告。「何百万(円)するような治療プログラムなんです」と明かしていたが…。何かと話題に事欠かないようだ。