ポール「紅白サプライズ出場」あるのか

2013年11月23日 11時00分

 11年ぶりに来日している元ビートルズのポール・マッカートニー(71)が21日、東京ドームで「アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー」の最後のステージを無事終えた。
 3都市6公演を完走し、日本中を熱狂させたポールは、ラストステージでも約2時間40分ほぼノンストップで水も飲まずに大ヒット曲「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」から先月リリースした新アルバム「NEW」の曲まで合計37曲を熱唱した。5万3000人の大観衆も総立ち。最後は「また会いましょう」と再来日を約束し、ステージを降りた。

 仰天情報も流れている。NHKの「紅白歌合戦」に出場するのでは?というものだ。

「今年の紅白にポール出演という情報が業界を駆け巡っています。すでにNHKが水面下で接触したとか、しないとか。実現した場合は、2年前にレディー・ガガがやったように海外からの中継となるという話です」と音楽関係者。

 今年来日したという以外にも、NHKとしてはポールを引っ張り出したい理由があるという。

「2012年のロンドン五輪開会式で『ヘイ・ジュード』を熱唱した。今年は2020年東京五輪が決まった記念すべき年。紅白ではもちろん東京五輪色を出す予定で、五輪つながりで、ぜひともポールに出てほしいということです」とテレビ局関係者。

 前出音楽関係者は「さすがにポールに出演してもらうのは難しいかもしれませんが、成功すれば“サプライズなし”と言われている今年の紅白の最大の目玉となるでしょう」。今年の大みそかにポールの歌を聴くことはできるか。