懸賞金は特例…国技をも動かしたポール旋風

2013年11月21日 20時00分

九州場所5日目を生観戦したポール。左はナンシー夫人(囲み写真はポールが12日目の結びの一番に出した懸賞金)

 元ビートルズのポール・マッカートニー(71)が、思わぬところにまで“影響力”を及ぼした。10月下旬に日本でリリースされた新アルバム「NEW」がオリコンチャートで初登場2位を記録。21日まで来日公演中で、日本各地で大フィーバーを起こしている。

 そのポールが、大相撲九州場所(福岡国際センター)で懸賞金を出す。かねて相撲好きとして知られ、14日には九州場所5日目を生観戦。横綱土俵入りや幕内の取組に熱心に見入る一方で、勝った力士が受け取る「懸賞金」の制度にも興味を示していた。翌15日にはポール本人の意向を受けて、日本のイベント興行会社が日本相撲協会に懸賞金の提供を打診してきたという。

 通常、新規で懸賞金を出すためには、場所前に相撲協会に書類を提出して審査を受ける必要があり、原則的に場所途中での申し込みはできない。ところが、相撲協会はポール側からの申し出を「特例」で受け付けることになった。

 このようなケースは「少なくとも、過去10年の間では記憶にない」(協会関係者)という。「伝統」や「慣習」を何より重んじる団体としては、極めて異例の対応。世界的なスーパースターが、国技をも動かした格好だ。

 懸賞金は12日目、13日目、千秋楽の3日間の結びの一番に各5本ずつかけられる。ちなみに懸賞金は1本につき6万円で、15本の総額は90万円。これとは別に懸賞旗5本の製作に35万~50万円の費用がかかるという。懸賞袋には「賞 ポールマッカートニー」と書かれており、見方によっては袋の中身以上に価値がある“お宝”だ。