松坂大輔の娘がAKB加入?

2013年11月20日 11時01分

11月10日に初めて開催されたAKBドラフト(顔写真は松坂)

 メジャーリーガー松坂大輔投手(33=メッツからFA)の小学生の長女が、AKB48に加入するという衝撃情報をキャッチした。熱狂的なAKBファンである長女の“熱意”を受け、松坂も水面下で加入をバックアップ。父兄が同伴するドラフト会議の場で、父と娘が“共演”する可能性まであるという。実現すれば国民的関心を呼ぶことは必至だ。

「松坂の長女は、大好きなAKBの振り付けまでマスターしているって。将来的にはAKBメンバーとして、アイドルデビューすることを夢見ているんだそうです。もし数年後に松坂が日本球界に復帰したら大ニュースになりますが、その長女のAKB加入も実現すれば、それこそ父と娘が、日本中から注目を浴びることは間違いない!」

 そう語るテレビ局関係者の鼻息は荒い。

 松坂の長女は来月で8歳。現在は米国でセレブの子女が通う小学校に在学している。

 その長女とAKB48との出会いはネット上だったようだ。もともとアニメをはじめ日本文化が大好きな長女は、国民的アイドルとして日本で大ブームとなっていたAKB48をネットで発見。その後、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、かわいらしい制服姿で踊るメンバーたちを見ているうちに、たちまちトリコになったという。

 どうやら“推しメン”は不動のエース大島優子(25)。

「センターで元気いっぱいに踊る大島に心を奪われたようです。おそらくユーチューブで見たのは大島がセンターを務めたAKBの代表曲『ヘビーローテーション』だったんじゃないですかね」とは前出の関係者。

 

次のページへ:AKBサイドに“売り込み”>