はなまる「打ち切り」…限界だった薬丸、岡江の亀裂

2013年11月07日 07時00分

早く番組を降りたかった?岡江

 TBS系朝の2番組「朝ズバッ!」と「はなまるマーケット」が、来年3月いっぱいで打ち切られることになった。「朝ズバ」は、次男の窃盗事件の余波で司会者みのもんた(69)が降板してリニューアルしたばかりだが、“みの色”を一掃するため新番組を発足させる。一方、17年半の歴史に幕を下ろす「はなまる」は“脇汗アナ”にとどめを刺され、終了となった。TBS朝の大改編の舞台裏をズバッ!と暴く――。

「笑っていいとも!」の来年3月終了で日本列島が揺れたばかりのテレビ界だが、TBSの朝にも激震が走る。「朝ズバッ!」(午前5時半~同8時半)も時を同じくして打ち切られる。「はなまる」(同8時半~9時55分)とあわせて、月~金曜の午前5時半~同9時55分の約4時間半もの時間帯が一新されることになる。

「朝ズバ」は次男(元日本テレビ社員)の不祥事の責任を取る形でみのが降板。

 4日に「みのもんたの朝ズバッ!」から「みのもんた」の冠名を取り、リニューアルした。だが、来春、あっけなく打ち切られる。

「今回のリニューアルはマイナーチェンジに過ぎない」と関係者はこう明かす。

「視聴者のイメージは朝ズバ=みのもんた。朝ズバのままだと、いつまでも“みの次男逮捕”のイメージがつきまとう。それだと報道番組として格好が付かないですからね。だから、来春に新番組を立ち上げ“みの色”を払拭し、再スタートを切るようです」

 新番組ではやはり、タレントをMCに起用する案が浮上している模様だ。

 朝のイメージに合致はしないが、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(39)のほか、意外な大物もささやかれている。なんと、ヒロミ(48)だ。

「経営しているジムの収支が全盛期より悪化しているらしい。ジムに所属していた人気トレーナーの樫木裕実氏が昨年12月に独立。ヒロミの年収は3億円と噂されたけど、彼女がいなくなったため、半減したと聞きます。彼が最近、テレビ出演を再開しているのもそのためで、朝の帯番組なら引き受けるのでは」(キー局関係者)

 

次のページ:ボロボロだった長寿番組>