さんま明言「いいとも後番組、俺がやる」

2013年10月25日 10時00分

本紙の直撃に答えるさんま

 4月から俺がやる! フジテレビ「笑っていいとも!」来春打ち切りの衝撃発表から一夜明けた23日も“いいともショック”は芸能界に広がり続けている。後番組をめぐっては様々な臆測が乱れ飛んでいるが、同番組の司会者・タモリ(68)の盟友とも呼べる“ビッグ3”の1人、明石家さんま(58)が、本紙だけに注目発言をブッ放した。大変貌を遂げる来春のフジテレビの午後とともに、独占最新情報を公開する。

「いいとも」の後番組をめぐっては本紙昨報通り、笑福亭鶴瓶(61)、SMAP中居正広(41)のほか爆笑問題、さまぁ~ずなどの名前が挙がっている。そんななか23日夜、本紙は愛車を運転して帰宅したさんまを直撃。すると、さんまは自信満々にこう言い放った。
「もう(今後のことは)全部決まっとんねん!」

 仕事を終えて少々お疲れなのか、最初こそ「どこの社や! 東スポ!? 何の用や!」とまくし立てたが、用件が女性関係ではなく“親友”タモリと「いいとも」についてとわかるや、続けて語り始めた。以下一問一答。次のページへ