佐野元春ポール・マッカートニーとの秘話明かす

2013年10月15日 16時00分

トークショーを行う佐野元春(左)と萩原健太氏

 ミュージシャン・佐野元春(57)と音楽評論家・萩原健太氏(57)が14日、都内で行われた「ポール・マッカートニー ニューアルバム『NEW』発売記念イベント」に登場した。


 2人とも元ビートルズのポール・マッカートニー(71)のファン。佐野は、1989年にポールと英国ロンドンで初対面を果たした時の興味深い秘話を公開した。


「『ハーイ、モト!』って、もう3~4回会ったかのようなフレンドリーな笑顔で声をかけてくれた。僕にとっては(存在が)大きな人なので、ドキドキした。そしたら『オス!』って言ってきて。『日本のクールなあいさつなんだろ。ジェイル(刑務所)で知ったんだ』とね」と、懐かしそうに振り返った。


 11月12日からは、ポールの11年ぶりとなる来日公演の開催がすでに発表済み。古希を超えた“生きる伝説”のライブとなるが、同11日に大阪・京セラドームで追加公演を実施することが決定し、日本のファンを驚かせた。


 萩原氏が「ポールがライブをする時は再婚した時」と言えば、佐野は「(その時は)お金が必要…」と苦笑いしながら悪ノリし、集まった150人のファンを笑わせた。