• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > グラビア > 伝説のグラドル神崎かおり過激作で復活


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説のグラドル神崎かおり過激作で復活


〝ある意味伝説のグラドル〟神崎かおり(18)が待望の新作DVDを発売することが25日に発表され、大きな話題となっている。

 

 神崎は一度見たら網膜に焼きつくような個性的なルックスでネット上で大人気のグラドルだ。伝説のきっかけは2010年に秋葉原で行われたDVD「Doki! doki!」の発売イベントで、あまりのインパクトに取材した記者たちはその後1年間は神崎の名前を毎日話題に上げていたほど。イベントを行った某電機店はすっかり「神崎がイベントを行った場所」と認知されてしまいスタッフたちは苦い笑顔を浮かべ、発売したDVDメーカーは「恐れ多い」と二度とその名前を口にしなかった。

 

 伝説のイベント後、神崎は一度は芸能界からは足を洗ったようにみえたが、今年に入りアイドルとして復帰。物好きたちを騒がせていた。そしてこの日、待望の新作イメージDVD「神崎さんのイメージビデオはAVよりもエロかった」の発売が発表された。

 

 タイトルから分かるように内容も過激でさまざまな器具を使ったプレーや生まれたままに近い神崎の姿が映し出されている。圧巻のGカップや美尻など、その奇跡のボディーを堪能できる。通常アイドルのDVDは70分の長さのものが多いが、今回は120分の大作。一生忘れられない2時間を味わえるはずだ。

 

 今回の過激な内容からファンの間ではアダルトビデオへの転向をおっかなびっくり期待する声も上がっている。神崎の〝先輩〟にあたる藤子まいは以前、本サイトの取材に「とあるAVメーカーから3本契約でウン千万円のオファーをされたこともある」と明かしており、仮にAV転向となればかなりの額が動きそうだ。

 

ブスドル藤子まい AV断っていた

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!