桜塚やっくん実現間近だった「フィリピンで金塊発掘」

2013年10月09日 16時00分


 埋蔵金伝説といえば日本でも“徳川の埋蔵金”のように、都市伝説の類いにも聞こえるが、桜塚さんは胸に秘めていた金塊発掘計画を着々と進めていた。今年に入ってからも「あの話、進んでますよ」と話していた。

「発掘を助けてくれるコーディネーターも見つかりました。ビデオカメラも持っていって、金塊ゲットまでのドキュメンタリーを作ろうと考えてるんです」と金塊発掘だけでなく、番組作りまでする計画を明かしていた。これまでの発見とは別にさらに新たな金塊を発掘できた場合、桜塚さんが現地で交渉した上で手にできる分量は、金額にして軽く億を超えるというから、世界が驚く超ビッグプランだ。

 とはいっても、すぐ出発というわけにいかない事情もあったという。それが発掘現場の状況だ。

「金塊を見つけた現地住民同士が奪い合いをして殺人事件を起こしてるんです。マジでヤバイ場所です。僕らも対応を間違うと大変なことになります」と話していたように不安材料がゼロではなかったようだ。

 ただ、「やっくん金塊発掘」は実現しないまま時は過ぎ数か月後、「仕事が入って、計画が延期されちゃったんです」と申し訳なさそうに語った桜塚さん。それでも、フィリピン行きは諦めていなかった。

「本当に絶対に行きますから! 無事に金塊持って帰国したら、東スポさんの1面で取り上げてくださいね」と何度も念を押していたのだ。
 残念なことにこの世紀の大プランが果たせないまま逝ってしまった桜塚さん。「やっくん金塊発掘!」の1面が東スポを飾ることはなかった。このマル秘プランを実行、しかも成功していれば、間違いなく“世界のやっくん”になっていたに違いない。