桜塚やっくん実現間近だった「フィリピンで金塊発掘」

2013年10月09日 16時00分

 山口県の中国自動車道で5日に交通事故死した桜塚やっくん(本名・斎藤恭央さん、享年37)が「東スポの1面で必ず取り上げてください!」と、本紙に「予約」を入れていた超ド級の「ネタ」があった。やっくんは本紙昨報通り、若手芸人版トキワ荘をつくるなどの夢を持っていたが、もっとビッグで世界中が大騒ぎするマル秘プランを進めていた。生前、本人が「実現間近!」と話していた“幻の東スポ1面”ネタとは、フィリピンの密林奥地に眠る秘宝の発掘だという。

 桜塚さんの所属するバンド「美女♂menZ」のリーダー透chが7日、バンド公式ホームページでファンへ「ご家族のご意向により、葬儀に関しましては家族葬で執り行われる運びとなりました。日を改めてお別れ会を開催できるよう努めて参ります」とメッセージを送った。

 自宅に多くの報道陣が詰めかけた中、桜塚さんがブレークした「エンタの神様」(日本テレビ系)で共演仲間だった芋洗坂係長(45)は、遺体を前に「エネルギッシュに突っ走ってきた方なので、『ゆっくり休んでください』と言いました」と涙ながらに明かした。

 交友関係の広さを示すように芸能界から悼む声が寄せられている桜塚さんには「東スポ1面」に取り上げてほしい大ネタがあった。

 昨年末のこと。桜塚さんは自身がMCを務めるインターネット番組の収録現場で、突然、思い出したように「今度、金塊を取りに行くんです」と明かしていたのだ。

 桜塚さんの説明によると、第2次世界大戦のドサクサの中で米軍がフィリピンの密林奥地に大量の金塊を隠していたというもの。しかも、その一部が最近になって発見されたというのだ。