世界一の尻芸人がイチロー、吉田沙保里超え

2013年10月09日 07時30分

9枚のギネス世界記録認定証に囲まれるチェリー

 文句なしの快挙だ!! 今年1月、「ギネス世界記録」に挑戦して“世界一の尻芸人”になったチェリー吉武(32)がまたやってくれた。今度は複数の種目に挑み、見事8個の世界一の称号を獲得した。だがその結果、予期せぬ事態が発生。日本人の最多記録保持者だったメジャーリーグ・ヤンキースのイチロー(39)と、女子レスリング五輪金メダリスト吉田沙保里(31)を抜いて「日本人1位」の座に上り詰めてしまったのだ。「日本の天才バッター」と「霊長類最強女子」を一夜にして超えた男に密着した。

 

 チェリーが「世界一の尻芸人」になったのは、今年1月。「地面に置いたクルミを30秒で尻で潰した数」の種目で48個を達成。ギネス世界記録に認定された。


 そんな男が再びギネスに挑むと聞いた本紙記者は9月7日、会場となった千葉県の「房総のむら」に飛んだ。前回より大幅に種目が増した14の“珍競技”が控える。本番前の特訓で行き詰まったチェリーは、複数の権威に電話をかけまくった。


「五輪種目の『デカスロン(10種競技)』の指導をされている順天堂大学の林田章紀先生だけが電話に出てくれた。『多くの競技があるなら、得意なものから練習した方がいい。苦手なものも諦めずにやること』とアドバイスをいただいた」


 その教えのおかげでぐんぐんと上達。競技の初日(9月6日)は緊張から、5種目すべて失敗。2日目は「これでダメなら芸人をやめる」ほどの意気込みで臨んだ。


「1分間でゴルフボールを足でつかんで運ぶ」種目を皮切りに、8個の記録を達成。クルミの記録と合わせて計9個のギネス世界記録を打ち立てた。だがこの時、本人はまだ気づいていない…。